季節の野菜

fruits-vege

  • ナス

    追肥はこまめに… 1番果が収穫開始したころから追肥を始め、生育状態を見ながら少量ずつ、何回にも分けコンスタントに肥料を施します。 水切れに注意… 乾燥させるとナスの色ツヤが悪くなるので、うねの水...
    つづきを見る
  • ピーマン

    露地早植えは避ける 果菜類の中では一番低温に弱いので、フジの花が咲く時期を目安に植えます。 乾燥・肥料切れに注意 次々と果実が実るので肥料を切らさないように。 また乾燥しすぎると根が弱って肥料...
    つづきを見る
  • キュウリ

    曲がり果の原因は… チッソ肥料が多すぎたり、逆に肥料が切れたり、下葉を摘みすぎたり、さらに病害虫に侵されたりすると葉の面積が減少して、正常な果実に生長できません。 収穫遅れに注意… 収穫が始まっ...
    つづきを見る
  • カボチャ

    梅雨時に着果が悪く、変形果が多いのはなぜ? カボチャは受粉しないと実が太りません。 梅雨どきは日照不足で同化養分が少ないうえに、低温の日が多いので花粉の充実が悪く、受粉しにくくなるため、タネ着きに...
    つづきを見る
  • スイカ

    本葉5枚のころに親づるを摘芯して子づるを4~5本伸ばし、16~20節前後を目安に着果させる。 大玉では1株2果、小玉では1株5玉収穫を目指しましょう。 収穫適期の判定は、着果節の巻きひげの枯れ込み...
    つづきを見る

Scroll Up